2620176月

「命の大切さを学ぶ教室」を開催しました。

6月23日(金)、四日市市立富田中学校において、「命の大切さを学ぶ教室」を開催しました。
富田中学校全校生徒約350名に、交通事故被害者ご遺族の鷲見三重子さんからご講話いただきました。
この教室を通じて、”命の大切さ”や”被害者への配慮、被害者支援に協力する意識”を考える機会となれば幸いです。
この「命の大切さを学ぶ教室」は、今後も県内の中学校・高校を対象に開催して参ります。